人気ブログランキング |
ブログトップ

kum 日々の小さな営みから

kumku.exblog.jp

夏の展示のお知らせ

f0181011_10484659.jpg

展示のお知らせです。

8/19~25

スパイラル1F showcace
(地下鉄表参道駅 B1/B3出口)

11:00~20:00


毎年この場所でイベントされているriroさんと、natsuko sakuraiさんとの3ブランドでの合同展です。
テーマはshine。
各ブランドそれぞれのshineをお楽しみください。

KUMにとっては初めての場所。
どんな展示になるか、ドキドキしながら準備をしています。





# by kum-ku | 2019-08-03 10:47 | 展示情報

ルート·ブリュック展



東京ステーションギャラリーで開催中

の、ルート·ブリュック展に行ってきま

した。

このフィンランドを代表するアーティ

ストを初めて知ったのはまだ学生の頃

で、陶芸雑誌のフィンランドの陶芸の

特集ででした。

紹介されていたタイルのコンポジショ

ンの写真に魅了され、それ以来ずっと

憧れの存在なのです。

f0181011_11012306.jpg

f0181011_11021064.jpg

それから何度かは数点ずつの作品を見

る機会はあったものの、ようやく一度

にたくさんの作品を見ることができて

(しかもまさかの日本で!)本当にうれ

しかったのです。



初期の魅力的なモチーフの陶板から、

後期の小さなタイルのピースのモザイ

ク壁面作品までが網羅された、とても

よい展示でした。


2007年に本国で行われた展示のときに

取り寄せた作品集の中の写真の実物を

間近で見ることができて、釉薬の艶や

かさや色あい、厚み、凹凸を実感し、

その存在感や色あいの深さにあらため

て感動しました!




また、会場で、ドキュメンタリー映像

も上映されていて、才能に溢れ、豊か

な感受性と人生のあらゆる経験を作品

に昇華できる純粋で素直な魂を持ち、

アラビアの専属アーティストとして恵

まれた環境の中で制作をし、お互いが

よき理解者として高めあう人生を共に

歩むパートナー(フィンランドを代表す

るデザイナーであるタピオ·ヴィルッカ

ラ)と家庭を得て、作品の数々を生み出

していった、まさに理想的な人生だっ

たのだなぁと感じました。





作品はもちろんなのですが、印象深か

ったのは、アーティストである娘さん

のインスタレーションでした。


f0181011_11031590.jpg

f0181011_11035992.jpg

タイルのピースを並べたもので、初期

から後期までの作品のビジュアル年表

のよう。

展示を見終わった後、展示の最初に置

かれていたこの作品が、ルート·ブリュ

ックの美しい人生そのものとして思い

返されました。








# by kum-ku | 2019-05-21 10:58 | 日々のこと

じんわりと輝く




ゆったりと自然体で、

いつも冷静で、

物事を俯瞰して捉えることができる、

すてきな大人の女性を思い描きながら作りました。


f0181011_10485676.jpg

f0181011_10493222.jpg

ブラウンルチルのネックレスと、ブラウン~ゴールド

のルチルがグラデーションになったラリエット。

ナチュラルカラーで、華やかさとはちがうのですが、

じんわりと内側から輝くような佇まいをイメージして

います。







思い描いたすてきな大人像は、なりたい自分。

イライラして、慌てて、些細なことに一喜一憂して、

落ち込んで…

なりたい自分には程遠い、今の私なのですが(笑)。

まだまだ修行は続きます…。














# by kum-ku | 2019-05-08 10:47 | 新作

竹の林とゼニゴケの森



GWの恒例、千葉県内の夫実家に行ってきました。

あいにく、あまり天気が良くなかったのですが、

雨に濡れて5月の緑が一層美しく感じられました。


ちょっと一人で庭を散策。

f0181011_22193449.jpg
庭の奥の竹の生えている場所。


f0181011_22180929.jpg
近くに行くと、カンカン…と竹の葉が、幹や枝に当た

って思いがけないほど金属的な硬質な音をたてながら

落ちてきて、見上げると竹の柱のはるか上の方でサラ

サラと枝と葉が揺れていて、神秘的な空間に包まれた

気がしました。



その後物置小屋の脇で今度はゼニゴケに遭遇、目を奪

われました。

f0181011_22153548.jpg

小さなヤシの木のような雌株(調べたらそう書いてあ

りました。円盤状の雄株もあるそうですが、ここには

雌株のみのようでした。)が群生していて、まるで森

のよう…

f0181011_22165182.jpg

先程の竹の中に囲まれたように、ゼニゴケの雌株の森

の中にいる自分を想像して、一人で楽しくなってしま

ったひとときでした。








# by kum-ku | 2019-05-03 22:12 | 日々のこと

仕上がりました



先日のネックレス、房をつけて仕上げました。

f0181011_21190705.jpeg

今回のデザインは、房が一つなので、たっぷりとした

ものにしてみました。

f0181011_21275533.jpeg

形も、ぱっつり切ったものではなく、パサパサとした

不揃いの感じにしたら、何色もの糸の色が見えて面白

い仕上がりになりました。

アクセントに金糸も混ぜました。


f0181011_21283271.jpeg

ラピスラズリやアマゾナイト~ラブラドライトの青系

の濃淡。

f0181011_21292533.jpeg

そして赤系はガーネット~サンゴ~カーネリアンなど

のグラデーションカラー。




このネックレスのデザインで、バリエーションができそうです。




# by kum-ku | 2019-04-19 21:17 | 制作のこと