ブログトップ

kum 日々の小さな営みから

kumku.exblog.jp

<   2016年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

久しぶりに石を買いに


今日も梅雨らしい空模様。


昨日は、いつも新入荷があると連絡をいただく業者さんに久しぶりに石を買いに行きました。
久しぶりのせいか今回はいつもに増して目新しいものがたくさんに感じたのですが、その中でレッドルチルのロットに引き寄せられました。
水晶の中の針状の結晶は、鋭いというよりは細かいのが繊細に入っていて。赤っぽいのもあれば、茶っぽかったり、黄色っぽかったり、全体に見てなんとなく赤っぽいかなという感じなのですが、曖昧で一つ一つ表情があって、ふんわり優しい印象の石たち。
大好きですよ。
f0181011_1146233.jpg
選びに選んで連れ帰ったルチルたち。



それから、こちらも。
f0181011_11532581.jpg

アリゾナのスリーピング・ビューティーという鉱山のターコイズ。
スリーピング・ビューティーのものは美しい水色が特徴で、今迄も使ってきているのですが、この石は一粒の水色の中にグリーンや白がいい具合に混ざっていて、カットも適度にラフさがあってとても魅力的。



持ち帰った石たちは、じっくり少しずつ仕立てていきます。
[PR]
by kum-ku | 2016-06-24 12:07 | 制作のこと

梅雨の日の夕方



昨日は、夕方からポツポツと雨が落ちてくる中、貸し出し期限の本を返しに図書館へ。


以前はジメジメしていて雨なんて憂鬱と思っていたこの季節。
ところが、ここ数年は年々結構いいかも、と感じています。
なんといっても雨に濡れる緑や紫陽花の美しさが目に沁みます。

f0181011_11581387.jpg
図書館への道で見つけたのはあまりみかけない種類。ガクのふちがくるっと丸まっていて小ぶりでとても可憐。


また歩きながらふと甘い匂いに気づくと、歩道の脇にクチナシの花が咲いていました。
夕方は少し気温も下がってきて、少し薄暗くなってきた中に浮かび上がるように白い花。漂う香りにジメジメした空気もしっとりと感じられて。
f0181011_1215918.jpg





前回アオゲラの巣立ちの投稿をした2日後にはすべてのヒナ(多分5羽位はいたのだと思う)が巣立ってしまい、ジョジョジョジョジョジョ・・・、キョッ、キョッ、と騒がしかった鳴き声がぱったりとしなくなって姿も見えなくなり、すっかりアオゲラロス状態に陥っていた私。
そんな中、気持ちが潤ったひとときでした。
[PR]
by kum-ku | 2016-06-20 12:32 | 日々のこと

心癒されたもの



梅雨なのに、晴天続きのこの頃です。


春先から5月末まで、制作とそれ以外のことでもキャパオーバーな状態で過ごしてきましたが、そんな中で心を癒してくれたのが、わが家の桜の木で巣作りをしてくれたアオゲラです。
アオゲラはキツツキの仲間ですが、キツツキなんて、山や林の中にいるものだと思っていました。
ここ1、2年、コゲラは見かけていたけれど、アオゲラは今年初めて。しかもくちばしで木の幹をコツコツコツ・・・とするのを聞くのも見るのも初めてで!
巣穴は木の幹の裏側に作っていて見えないのですが、コツコツしている姿は仕事部屋からバッチリ見えるという幸運。
巣穴を仕上げてからはコツコツの音も姿を消えてしばらく気配がない時期が続き、もういなくなってしまったのかと軽い喪失感も感じていたのですが、5月末になって頻繁に親鳥が出入りしエサを与えている姿を見れるよになり、もう一昨日から巣立ちが始まっています!
もうすぐいなくなってしまうと思うととても淋しいのですが、小さなワクワクをくれたヒナたちが無事に生きていってほしいと願うのです。
f0181011_12014100.jpg
親鳥がエサを与えにきたところ。上を向いてエサを吐き戻してヒナに与えるとき、ヒナたちのジョジョジョジョジョジョジョという鳴き声が結構凄まじい。


もう一つ癒され助けられていたのが、シガーロスというアイスランドのバンドのミュージックビデオです。
今迄はラジオから流れてくると気になりつつも自分から聴くことはしてなかったのですが、たまたま
検索して見たのが、2006年のアイスランドツアーでの野外ライブのHoppipolla。

これと、Olsen olsenという曲のやはり野外ライブのも良くて、はまりました。
かつて旅したアイスランドの空気感を思い出しつつ、自分もこのライブを体験したかったと切に思ったのでした。
[PR]
by kum-ku | 2016-06-12 11:25 | 日々のこと

ご来場ありがとうございました



今日は快晴、少し強めの風も心地よい爽やかな日になりました。


一昨日、恵比寿三越クロスイーでの展示が無事終了しました。
ご来場くださった皆様どうもありがとうございました。

今迄の展示や常設のときにご縁をいただいたお客様、今回初めてお会いしたお客様、出会い&再会をたくさんいただいた今回の展示でした。
クロスイーという売り場で、お客様とスタッフの方々にKUMは育てていただいているんだなあ、と改めて作り手としての幸せを感じさせていただいておりました。

ウッドビーズを使った新しいtoneシリーズはクロスイーでは初めてだったので少しドキドキしていたのですが、ご好評いただいてホッとしております。
スタートしたばかりのシリーズ、これからバリエーションを増やしたり新たな展開を模索していこうと思っています。

f0181011_14571978.jpg
今回のタイトルにした 雨の匂い は、あたりまえのように感じられているものなのだ、ということがわかりました・・・!
もっと五感を研ぎ澄まさなくては、とも思った今回の展示でした。
[PR]
by kum-ku | 2016-06-02 15:15 | 日々のこと