ブログトップ

kum 日々の小さな営みから

kumku.exblog.jp

<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

糸や紐

先日、学生時代の友人のガラス展に行った。
彼女はクラフト科のガラス専攻(私は金工)で、ずっと作家活動を続けている。
色を重ねた宙吹きガラスの表面に彫刻して夢のような物語のような独自の世界を作る。
でも、今回は器や小さなかわいらしい香合、クリアなガラスに模様を施した軽やかなグラスもあり、その中の糸や紐と題されたグラスを連れて帰ってきた。
糸や紐・・・私にとっては象徴的なモチーフ。
窓からの光をうけて浮かび上がる糸や紐をしばし眺めた。
f0181011_14422048.jpg

[PR]
by kum-ku | 2011-11-29 14:47 | 日々のこと

僕の夜のこと

f0181011_1130029.jpg

先日ロベール・クートラス展に行った。

クートラスを初めて知ったのは、去年新聞の書評欄でだ。
僕の夜 という題名に惹かれ読んでみると、画集だという。夜な夜な制作されたという手のひらに収まるサイズのカードのような絵の小さな画集を実際に手に入れたのはちょうど一年前。
生前はあまり評価されず、貧困の中、小さな厚紙に描かれた絵の数々。暗めの画面に模様や擬人化されたように感じる動物、おどけておかしなポーズをとる道化のような人物など、じっくりとながめていたくなる魅力的な作品たち。洗練された装丁や、挿入された文章もあいまってお気に入りの本の中の一冊になった。
f0181011_11283776.jpg


展示をしていたのは、洋館のようなかわいらしい建物の一階にある小さなギャラリー。雑誌ミセスに一年間クートラスについての連載がされていたこともあってか(実際自分も個展があることも誌面で知った)ひっきりなしに人が来ていた。

ギャラリーには、カルト(カードの作品)、小さなオブジェたちがセンスよく展示されていたが、実際の作品を見て、それらが持つ軽やかな雰囲気に驚いた。
書評や画集からの限られた情報で、勝手に偏屈で暗い人物像を思い描き、作品ももっと重く暗いもの(そういうのきらいじゃない)を想像していたから。
でも実際のカルトは、ずっと軽やかで明度の低いなかでも色彩豊かで、センスとユーモアにもあふれるような、小さな画面の端まで神経が行き届いた職人技の感じられるものだった。


作品を管理している女性のクートラスについての手記をギャラリーで購入した。きっと想像していたのとは違う人物像が書かれているにちがいない。読むのが楽しみである。
[PR]
by kum-ku | 2011-11-25 11:33 | 日々のこと

七五三

先日は下の娘の七五三をした。
お天気に恵まれ最高の気候。
お昼から美容、着付け、写真取り、そして神社へお参りの予定。
お化粧と髪結いは調子良く進みご機嫌で終了したものの、着付けで時間がかかり、だんだん疲れ顔に・・・。まずいなあ、と思いながらもようやく着付けが終わったがやっぱり、もう脱ぎたいモードに。写真撮りではなかなかにっこりできず。結局、お参りは着替えてからに・・・。

子供はこちらの思う通りにはいかないもの。
そう、自分の七五三のときも、着物を着て苦しくなったのは今でも記憶に残ってる。

今回娘が着たのは自分が着た着物。古くなって、襟元も少しよごれた感じになってしまっているけれど、生地もどっしりしているし、刺繍も美しい。時を経て同じ着物を着せることができて良かったと思う。同じように苦しくて早く脱ぎたくなってしまったけれどね。

f0181011_15425585.jpg

[PR]
by kum-ku | 2011-11-15 15:50 | 日々のこと

墨の香り

11月のどんよりと曇った肌寒い日。

暖房は入れる気にはなれず、ダウンのベストとダウン入りのレッグウォーマー(これはほんとに暖かい!あまり人に見せられるかっこうではないけれど・・・)を身につけて仕事。

しばらくは展示はないので、いろいろ試行錯誤の毎日。試しに作ってみてもイメージ通りにはいかず、これだ!というものもなかなか出来上がらないもの。形にならないと、一日を無駄に使ってしまったようで、むなしい気持ちになりがちだけれど、こういう時間も必要だと自分に言い聞かせたり。

こんなときは、お香を焚いて気持ちを落ち着かせたくなる。

今日は墨の香り。
少し、つんとしたような深い香りと、墨をするときの感覚が思い起こされて気分がしんとなる。
昔、お習字をしていたとき、墨をする時間が良かったなあ。墨のにおいと墨がすられて水がぬるぬるとした感じになっていくところ。背筋をのばして心が落ち着く感じ。

・・・・・でも、今日は失敗。
そうだった。風邪をひいていたんた。風邪が喉にきているので、煙が喉を刺激して咳き込んだ。


それでも残り香で心を仕事の中に保つことができる。
[PR]
by kum-ku | 2011-11-10 12:21 | 制作のこと